バンコク駐在員日記

駐在員を辞めてからは
沈没時代に逆戻り、
株式投資と先物取引で生活しています
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.02.19 Sunday 】 | - | - |
サヤームホテルの跡地
JUGEMテーマ:旅行

友人Tに調べさせたところ、
サヤームホテルの跡地には、
マッカサン〜スワナプーム空港間を結ぶ鉄道の駅ができるらしい。
(今は完全に更地になっていて、基礎工事中との事)

一応、ホテルも併設されるようだが、
以前のような際交助援喫茶には、ならないだろう・・・
(国のメンツにかけて、取り締まるはずだね)

ただし、今のところは裏側のターンロットファイに行けば
ウジャウジャ居るから、まだ当分は遊べるよ!
【2007.12.26 Wednesday 13:03】 | サヤームホテルサイアムホテル | comments(0) |
復活か?!
JUGEMテーマ:旅行

看護婦の嫌がらせだろうか、
注射を打ってくれたのは、
歩く時に力が入る、尻のサイドの筋肉だった。

痛くてたまらずにタクシーに乗り、
ジュライホテル前まで戻った。

既にジュライホテルは閉鎖されていたが、
当時はまだ台北旅社などに大勢、
ジュライ組の残党が残っていた頃だ。


淋しい病気になった人なら分かるだろうが、
膿がドクドクと出てきて、うっとうしい。
何も処置しないと、膿でパンツがベトベトになる。

俺はティッシュやトイレットペーパーを
竿に巻きつけて定期的に交換していたが、
ある人が

「コンドームをかぶせてればいいんだよ」

とアドバイスしてくれた。


その時は、なるほど、と思ったが、
実はあまりいい方法ではなかった。

あの種の病気にかかったら、
ドンドンおしっこをして、膿を排出するのがよい、
とされている。

しかし、ゴムをかぶせていると、
オシッコの都度の脱着がけっこう面倒だ。

結局は、ちり紙を巻きつける方法に戻った。



注射の効き目とはスゴイもので、
夕方には膿の量が減ってきていた。

夜には、日本から来ていた日本人&在日韓国人の友人が
どうしてもサヤームホテルに行きたい、
と言うので、仕方なく連れてってやった。


在日の友人が、かなりいい女を見つけて来て、
タイ語が話せないので交渉するのを手伝ってくれ、
と言う。


またも仕方なく一緒にテーブルを囲んでいると、
俺に熱い視線を送ってくる女がいた。

そしてその女は俺の横に座ってきた。


まだおでんの奥がジンジンしていたので、
(ヤッたとしても気持ちよくないだろうな〜・・・)
と思ったが、あまりにしつこいので
止む無くゲットされてやった。


在日の友人Hは上(サヤームH内)で、
俺たちはタクシーでA-ONEへ。
(もう一人の友人は置き去りにした)



A-ONEに着くと、
警官4人がロビーで堂々とタダ飯を食っていた。



さて、やってみると・・・
ジンジンのせいで、運動中は気持ちよくない。

しかし、
逝く刹那は、普段よりもこみあげ具合が激しく、
普段よりもスィヤウ・マークだった。

もちろん、パクッのサービスは遠慮し、鉄兜も装着し、
  移さないように配慮した上でやりました。



これで調子に乗った俺は、
翌日ナタリーへ・・・


最終回へつづく


ちなみに当時、
テメでは言い値が1000B、
サヤームの相場は1500Bだった。
(昔はそれだけのレベルの違いがあったのだが、
 今は完全にテメが逆転勝ち状態だね)
【2007.12.12 Wednesday 14:01】 | サヤームホテルサイアムホテル | comments(2) |
回遊魚だね
前回バンコクに寄った時、
偶然、俺が以前働いていた会社の係長が
日本から出張で来ていた。

俺がタイに居る事を知って、
夜中2時過ぎにテメまで会いに来てくれたので、
その後、一緒にサヤームホテルに移動した。


すると、かつてサヤームの矢田亜希子として
ならしていた女が
チャイナタウンから戻ってきていた。

(遠目では相変わらずいい女だが、
 サービスがいいワケでもないので、もうヤル気はしない)




グルッと一周すると、ほとんどの男が

「オオッ!」

という感じで”2度見”するほどの美しさだが・・・


女は顔やスタイルじゃねえんだよな〜

【2007.09.05 Wednesday 22:07】 | サヤームホテルサイアムホテル | comments(0) |
象のウンコ?
前話で、
「俺の友人が犬のウンコをふんずけた」
と書いたが、奴は犬のウンコではない、と言う。

「クサくないから犬のフンではない。
 あれはただの泥のかたまりだ!」


と、強硬に否定するのだ。


(ふーん、ま、なんでもいいけど・・・)   ←シャレではない


と思い出しながら翌日、道を歩いていると、
大きな回転焼き(大判焼き)のような物体が道に落ちていた。


色あいから考えるに、何かのフンらしいが、
あまりにも大きい。

鼻を近付けてにおいを嗅ぐが、くさくない。


すると、モトサイの兄ちゃんが

「それはゾウのウンコだよ!!」

と笑って教えてくれた。


(と言うことは、奴はゾウのウンコを踏んだのか!)

と思ったら笑わずにはいられなかった。


そのことを教えてやろうと、奴にスカイプしたら、
奴の部屋に女が居るのが見えた。

奴のCCDカメラがソッポをむいていて、
ドレッサーで化粧直ししている女の後ろ姿が写っていたのだ。

(残念なことに、女は服は着ていた。クソーッ) ←シャレではない

女と一緒だという事がわかったので
わざとどうでもいい世間話ばかりして、
いつまでも用件も話さず、じらしまくった。


とうとう奴は

(岡村め、何のために電話してきたんだ・・・
 ウザイな〜・・・もう、切ろうっと・・・)


と思ったかどうかは、わからないが、


「今、ちょっと藤原紀香といっしょなので・・・。」

「あ、ゴメンね。これからチョメチョメですか?」

「いや、もうチョメチョメは終わったんだけど・・・
 (中略)
 じゃ、今から
藤原紀香とマッサージに行くんで、
 もう岡村さんの相手もしてあげられません・・・」


「ま〜、そう言わずに・・・ちょっと、○○○の件、
 教えて欲しいんだけど・・・」


「あ〜、その件なら×××で△△△△だから、
 ○○○になるんですよ・・・(中略)・・・
 ということで、そろそろ失礼します・・・」



親切に教えてくれたけど、少しでも早く紀香とマッサージ行って、
メシ食いに行きたいらしいので、
真実を伝えるのは、またの機会にしよう・・・。

あまり長引かせて意地悪しても嫌われるからね・・・。

(それに、犬でもゾウでもたいして違わないしね・・・)
 

しかし、
パンツ脱ぐ方のマッサージの後は
パンツ脱がないマッサージですか・・・

【2006.06.04 Sunday 23:52】 | サヤームホテルサイアムホテル | comments(0) |
謎の死、ホットなスポット、オチは犬のウンコ
今日、久しぶりに行ったソイカウボーイから
テーメーへ向かっていると、
アソークの交差点でパトカー2台と人だかりが見えた。

(また何か事件でもあったんだろう・・・)

くらいに思いながら通り過ぎようとしたら、
白い布が歩道に横たわっていた。

(人が死んでいる!
 タクシーも止まっているし、
 誰かがタクシーにはねられたのかな・・・)


野次馬のタイ人に訊いてみると、
死んでいるのはタクシーの運転手らしい(?!)

スクムビット通りで信号待ちの時に突然死したようだ。

ヤーバー(麻薬)中毒か、心臓発作か、
とにかく急死らしい。


しかし、そんな事はすぐ忘れてテメに入ったが、
毎日同じメンバーで食う気がしない。

久しぶりついでにサヤームホテルに行ってみた。

ここも店の中はもうあまり人がいない。
なぜなら、今はサヤームホテルの裏がホットなスポットになっているからだ!

うちの会社のタイ人ワーカーの間でも有名になっているほどだ。
ホテルの裏の通り沿いに

ズラーーーーーーー


っとお姉ちゃんたちが並んでいる。

一昔前、名古屋の納屋橋のたもとに、
ブラジル娘の売春婦がウジャウジャと湧いて出てくる、
あんな感じだ。
(知らない人は名古屋の知り合いに電話して聞いてみてね)


4時過ぎに裏通りに出てみると、
女の数は少ないながらも、まだまだがんばっている。

(カン)ラン・ロンレム・サヤーム=サヤームホテルの裏(後ろ)、
ターン・ロットファイ=列車通り

で通じる。


テメに飽きた人はたまには覗いてみるといいでしょう。


なお、一緒に行った友人の一人は、
女に見とれていて犬のウンコをふんずけてしまったので、
時々、足元にも注意しましょう。

(しかも奴はその後、野良犬にも吠えまくられていた)
【2006.06.02 Friday 07:12】 | サヤームホテルサイアムホテル | comments(0) |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
<<お気に入り〜っ>>

アジアン王

Gダイアリー


この本と
俺の公式サイトで
タイ情報は完璧?

アクセス解析
LINKS
RECOMMEND
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ)
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ) (JUGEMレビュー »)
加川 博之

旅行タイ語のベストセラー最新版
初心者向けっぽい装丁だが、
発音表記などに工夫が見られる。


バカにできない内容で、
読み応えアリ。
タイ旅行バンコク旅行には必携!
RECOMMEND
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276)
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276) (JUGEMレビュー »)
邱 永漢
タイでセミリタイヤ・ロングステイ・沈没生活するメリットが分かるよ
RECOMMEND
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ!
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ! (JUGEMレビュー »)
クーロン黒沢, エポック伊藤, 皿井 タレー


タイのディープな世界をおもしろおかしく綴った名作!
RECOMMEND
男と女のタイ語会話術
男と女のタイ語会話術 (JUGEMレビュー »)
ポンパン・レプナグ, Phongphan Lebnag

タイ語は発音がムズカシ〜イ!
でも、彼女にこの本を見せればバッチリ、ラブラブ!!
モテる男の必須アイテム
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH
PAGETOP  
 
since090929jptime3:00
ブログパーツUL5