バンコク駐在員日記

駐在員を辞めてからは
沈没時代に逆戻り、
株式投資と先物取引で生活しています
 
タイ工場災害から避難する際は財布やパソコンは持って逃げるべし
JUGEMテーマ:旅行


駐在員時代の事。

工業団地内で近所の某化学系工場で薬品漏れがあり、
大爆発する恐れありとの警報を受け、従業員全員が避難した。

結局は爆発しなかったんだけど、
避難先で世間話をしていたらタイ人フアナー(チーフ)

「こういう時、工場に残ってる警備員が泥棒しまくるんだよ」

って言うので心配になった。


財布入れたカバンを、机の引き出しに鍵かけずに避難したからだった。

帰って財布の中身を確認するとセーフだったが、
警備員や従業員が盗みをはたらくのはよくある事である。

どこの工場でも、それがどこの国の資本の会社だろうと、
警備会社から派遣されたヤーム(守衛)が
内部では従業員、外部では出入り業者らと結託して、
工場内の物品を盗むというお決まりのパターンに悩まされている。


また、俺は専用ノートパソコンを会社から宛がわれていたが、
誰でも入れる場所にPCを放置したまま帰宅する
って事をよくやっていた。


ある日、クワンターという猥談好きな女性ワーカーが

「岡村さん!このPCを盗んでやろうと考えてる奴、
 きっと大勢居ると思うから、持って帰る方がいいよ」


と言ってくれたので、以来、SAに持って帰るか、
置いて帰る日は引き出しに鍵をかけるようにした。


そういえば・・・随分昔の話だけど、
日本人支配者Sのパソコンが盗まれたが、
たまたま近所の市場で売られていたのを発見し、
仕方なく買い戻したって事もあった。

その事件の犯人はほぼ分かっていたが、
報復を恐れて警察には届けなかった。

支配者Sは、刺されるとか撃たれるのを恐れ、
わずかな金で済むならと沈黙を守ったのだ。
コレはコレで賢い選択かもね


他にも、書くとマズイから公表しなかったネタとしては
「サンプル盗難〜タイの市場に流れる」事件が約2年前にあった。
俺はとっくに退職していたが、情報は入ってくる (*`艸´)ウシシシ


詳しくは書けないけど、会社の信用問題に関わる事件で、
「中国や台湾の会社ならよくある事だが、
 日本の会社だからそういう事はないだろう」

と、ブランドイメージを重視する企業なら、
若干割高でも日系企業に発注するのはある話だ。

「日本人の信用」「日本クォリティ」というのは、
一種のブランドと言える。

が、日本では考えられない事がタイでは起こるから、
タイで起業する人、タイで働く人は注意してね!
【2010.05.01 Saturday 00:01】 | タイで働く | comments(5) |
労働ビザやワークパーミットを取っている暇がない場合はこうする
JUGEMテーマ:旅行


たまには「バンコク駐在員日記」の名に恥じない、
”タイで働く”に関するマジメなネタをお送りします。



タイ資本の会社なら滅多に無いんだろうが、
日系・欧米系の会社には、時々ガサ入れがある。

ワークパーミットはおろか、
就労ビザなしで働いている外人も多いからだ。


しかし、非常事態で本国から急遽やってくる人は、
いちいちBビザ取ってるヒマはないし、WP取得などあり得ない。

そんな悠長な事をやってたら、滞貨の山になってしまう。


しかし心配は無用。

・機械が壊れた
・どうやっても不良品しか作れない

⇒外国人技師の助けが必要!


なんていう非常時には、
タイ政府もいい方法を用意してくれている。


「緊急対応」という形で申請すれば、
労働ビザもワークパーミットも要らないのだ。
日本人なら観光ビザすら不要。

ただし、1回の申請・1回の入国で最長15日間。
16日目にはポイペトまで行って出国してからタイ再入国し、
  また同様の申請を済ませてから働けばいい。



先日、タイ現地法人で高い役職にある友人と、
Bビザやワークパーミットの話になった時、
この”緊急対応”の話をしてみたが、彼もこの方法を知らなかった。

彼の会社はタイ地元資本で日本人社員は少ないし、
何事もキッチリしている会社のようだから、
そういう裏技(?)を使う必要もないんだと思う。


しかし、俺が居た会社では、
WPを持ってない日本人11人と社長が拘束され、
保釈金を払うまで拘置された事がある(数年前に書いた通り)。
こういう事例があるから、タイで社長を拝命するのは考え物である。
 タイ現地法人で社長になったからって、手放しで喜んでいると恐いよ!



その時は、後日、下請け会社にこの事件の顛末を話したら、
その日系下請けがこの件に関する資料をFAXで送ってくれた。

それにより、意外に簡単な方法があると知り、以来、
キッチリ申請してから出張者を業務につかせる事になったし、
工場見学に来る客にも同様の申請をしてもらうようにした。


日系などの外資の会社では、
ワイロ稼ぎのために入管が入る可能性もあるから、
タイで外人労働者の管理をしている人や、
外国から客が来た場合の責任者は注意するべきである。
ワイロ稼ぎ目的の捜索の場合は賄賂を払えば済むが、
 通報(タレコミ)の場合は、ワイロが効かないらしい。
 これはガサ入れに来た入管の男が言ってたから、そうなんだろう。
 前半部分は冗談のつもりで言ったんだろうけどね。
  


例えば日本から顧客が工場見学に来たとする。



たとえ工場見学という名目だろうが何だろうが、
ワークパーミットを持ってない日本人が、
工場やオフィスをウロウロしていて、
それを入管や労働局に見つかれば違法労働と見做される。

タダの工場見学者か、日本から来た労働者なのかは、
タイ人である入管や労働局の職員には見分けがつかないからだ。
工場見学という言い分が通ってしまえば、以後、そういう名目で働かせる会社が出て来る。


日本人の常識で考えてはいけない。
法律の解釈や運用とはそういうものである。
俺は5流大学の法学部卒だからね(*`艸´)ウシシシ


という事で、工場見学だろうが何だろうが、
外国人が工場やオフィス等に入る際には、
事前にこの緊急対応申請をするべきである。

もし、日本から見学でやってきた顧客の人間が、
違法労働の咎で拘束・留置されでもしたら一大事である。

慰謝料請求や損害賠償請求で済めばまだしも、
その後の取引がなくなる可能性すらあるからね。


また、タイで働く営業マンは、
他社工場に入る場合などもありうるので、
ワークパーミットのコピーだけは常に所持しておくべき。
原本所持が原則だろうが、紛失や毀損の可能性があるから、
 勤務先の金庫等に保管し、コピーを常時所持が現実的だね。


運悪く、他社の工場等で入管等に拘束されると、
ワークパーミットを持っている事を証明するのは難しいし、
そうなると連行され、いつ帰れるかすら分からないからね。
労働ビザとは、単に、就労目的での「入国を許可する」だけのもの。
 「タイ国内で働いてもよい」という労働許可ではない。
 労働許可が「ワークパーミット」である。



確かに、入管や労働局がガサ入れなんて滅多にない。

しかし、
WP取らずに外人が頻繁に出入りしている会社の人事などは、
「昇給やボーナスが少ない」とか、「クビにされた」とか、
そういう理由で会社を恨み、チンコロする事が多いからね!

【2009.11.28 Saturday 01:08】 | タイで働く | comments(2) |
日本人男性が自殺したのは、バンコクコージーの・・・
JUGEMテーマ:旅行


新ブログ「バンコクセミリタイヤ日記」では、現在、
”チェンマイへローイガトンの旅”を連続シリーズでお送りしています。

途中で違う話を挟むとややこしいので、
このネタはコチラのブログに書く事にしました。



今週の火曜日(11月10日)、
ラマ4のアパートで50歳代の日本人男性が首吊り自殺した。
(発見・報道は11日)

以前はタイで働いていたが、失業し、
最近では家賃の支払もできないほど困窮していたらしい。


少し前にも、シーロムかサートーンだったかで、
ピストル自殺を遂げた日本人が居た。
口からピストルを突っ込み、自分で引鉄を引いたらしい。
  コレも、以下に登場するMP嬢から聞いた話




もちろん、同胞が自殺したと聞けば甚だ遺憾であり、

何も死ぬ事はないだろうに・・・
拷問にかけられてるワケじゃなかろうし、
どんなに辛くても開き直ればいいだけじゃないか


と、俺はいつも思ってしまう。


金も仕事もなくて絶望したらしいけど、
日本に帰れば、ぜいたくさえ言わなきゃ、どんな仕事だってある。

日本じゃ、ホームレスだっていい物食ってる。


タイで自殺する外国人の自殺動機としては、
・女に捨てられた
・金がなくなった
・病気を苦に

などで、ほぼこの順番に多いと言われる。


しかし、これらの理由のたった一つだけが、
自殺を実行に移させる動機とは俺には思えない。

「女、金、病気」
これらの2つ、ないし3つが重なって、
死んだ方がマシだという気にさせるのだと思う。


しかし、日本に生まれた人なら、
何とかして日本に帰国して奈良でホームレスをやれば、
ホームレスの病人を救う病院のネットワークがある。

ホームレスの病人なら、簡単に生活保護を受けられて、
病院に任せておけば入院治療費も全て無料である。
詳しくは奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」にお問合せください。


また、普段からタンブンしているなら、
そういう苦悩の時こそ、お寺に行けばよいと思うんだが。
(それも金がかかるって事かな・・・?)


ま、今回、俺が腑に落ちないのは、

・以前の職場への通勤に時間のかかる地区に、なぜ住んでいたのか?
 (退職してから引越したのかもしれないが)
・金がないなら、なぜ日本に帰らなかったのか?


だが、彼には
正気に戻る心の余裕さえなかったのかもしれない。



ところで今回の事件では、確か”ラマ4世通り”と
”クロントゥーイ区”とだけ報道された記憶があり、

(ま、あのヘンの外国人向けアパートなんだろな・・・)

くらいであまり気にも留めなかった。


それから2日経った今日の金曜日、
友人Mとバンコクコージーへ行き、個室に入ると突然、


「アンタ、知ってる?
 また日本人が自殺したね?!」


「あ〜、知ってるよ・・・
 ラマ4の近くだろ?」


「あの日本人の部屋、
 ウチの店の女の子の隣室だったのよ」


「マジ?!」

「ラマ4のロータスがあるでしょ?
 アレの、ソイを挟んだ向かいのアパートよ」


「それ、何番の女の子?」

「2◎1。今日は休みよ、ペン・メン(ス)で。
 あの事件、まだニュースになってないのよ」


「???・・・もうとっくに報道されてるよ!」

「アンタ、トレンディドラマしか観ないんじゃなかった?」

「そうそう・・・って、んなワケないじゃん!」

「クローゼットの上に出ていた釘に、
 ベルトを引っかけて首吊ったらしいよ」



・・・だそうです・・・


ご冥福をお祈りすると共に、
今後、同じような行動を起こす人が現れないよう望みます。



MP嬢が話した内容は、事実確認していません。
テキトーな事を言っただけかもしれませんので、内容に誤りがあってもご容赦願います。
【2009.11.14 Saturday 01:54】 | タイで働く | comments(8) |
タイで「事業を興しませんか」という誘惑 その4
JUGEMテーマ:旅行


次にもちかけられた事業計画は
車の部品を町の自動車工場に卸す代理店業務だ。

30万バーツ出資してくれれば、
その後は毎月10万バーツの利益が出る見込みだという[:ふぅ〜ん:]


これらの話を持って来たワーカーは
遊び友達としては最高にいい奴だった。

ローカルカラオケや田舎の置屋にも
一緒によく遊びに行った仲だった。

が、仕事では優等生とはいえない奴で、
(多くのタイ人ワーカーが副業をやっているとはいえ)
妻に大衆食堂をやらせ、そのため、
夕方から手伝いが忙しくなるので絶対に残業しないとか、
副業の疲れでよく会社をサボったりしていた。

また、子供が学校でケンカして、
相手に怪我させる事件を頻繁に起こすので、
慰謝料・治療費で金に困っているとよく言っていた。
コレは話半分にしか聞けないけどね。


そういう少しだらしない面がある男だし、
しかも話がうますぎるので、
これはダメだと直感した。


次には
溶接の工場をやりたいという男が来た。

だが「どうしてもヤリたい」というワケでもなさそう。

そいつは社内でもソコソコの役職に就いていたせいか
あまり押しが強くなかった。

かつて、
ライバルだったタイ人に嵌められた経験もあるようで、
あまりしつこく迫ると、情報が漏れて
クビ・降格になりかねないとビビッたのだと思われる。

俺の方には溶接工場には興味があったのだが
結局この話は立ち消えになった。


そうこうするうちに、しつこく
金主になってくれ
と言ってきていた男の状況も変わった。

置屋のミヤノーイと別れたため、
妻とも仲直りしたし、
ミヤノーイと遊ぶための金も不要になったので、
起業欲を失くし、落ち着いてしまったようだ。


・タイで事業を興して騙されたり
・乗っ取られたり、知らぬ間に売却されていたり
・毎日のように売上金を抜かれていたり

という先輩達を昔からさんざん見てきたので、
どうしても何かヤリたいというワケでもなかったしね。


というワケで、その後の俺は
タイで大富豪になるチャンスもなく、
日本で人生をムダに過ごす毎日だ。

でも、余りにも暇なので、そろそろ
ワットアルンの頂上から飛び降りるつもりで
何か商売でもやろうと考えてはいるけど・・・

永年ダラダラするのが染み付いてしまい
なかなか動けないんだよね〜・・・

オチはないです、あしからず。
【2009.02.27 Friday 13:10】 | タイで働く | comments(6) |
タイで「事業を興しませんか」という誘惑 その3
JUGEMテーマ:旅行


周辺の家賃相場を調べてみると、
studioタイプで700〜1500バーツ。

各室にシャワールームやテレビの線はある。

が、
電話は当時のバンコク市内でもポピュラーな、
電話線数本を全員で共用するタイプ。

こんな田舎だと、たとえ自室に専用回線を引けても、
ブロードバンドは無理だろうから同じか・・・
ま、俺はこんな田舎には住めねえしな・・・


などと思い、気にならなかった。


数種類の物件を見た後、
大家から管理を任されているヤクザ風の男が
口頭で賃貸条件を説明してくれたが、
一棟借りすれば多少の利益は出そうだった。

各室当たり2〜300バーツの粗利があるから、
一棟借りで満室ならば1500〜2000バーツくらいの利益になる。


とりあえず10棟くらいからスタートして
キチンと利益が出るようになれば
棟数を増やしていってもいいかな・・・



などと思ったりもしたが、
ただ・・・よく考えると・・・


・バンコクから遠すぎ。俺はこんな所に住めない。
 タクシーでテーメーまで300バーツもかかる!!
 (バンコクと違い、この辺りはウブな女も多いのは魅力だけど・・・)
 だからといって、クーロン黒沢じゃあるまいし、
 テーメーに通うためだけにバイク買って、
 往復2時間もかけてテメに行ってらんない!
 とすると、
 アパート管理はパートナー任せになってヤバイ。

・アパート街を仕切っている男がヤクザである
 (ロクな事にならないような気がする)

・一棟の家賃をふっかけてきている様だ。
 ワーカーが言うには、数ヶ月前より遥かに高い。
 (金主が日本人と分かったからみたいだった)

・パートナーのタイ人はこの近辺に在住ではなく、
 ここから車で1時間の距離に妻子と住んでいる。
 本腰入れてここで食堂をやるとは思えない
 (毎日通勤すると言ってたが、無理に決まっている)

・大規模化するにも限度がある。
 10棟では儲けが少なすぎて生活できないし、
 100棟になる前に何らかの邪魔が入るに違いない。




など、

(骨折り損のくたびれ儲けになりそうだな・・・)


と思っている時にこのワーカーも

「ふっかけられているから、止めよう」


というので、最終的には見送った。

その数週間後、次の事業計画が・・・


更につづく
【2009.02.20 Friday 01:04】 | タイで働く | comments(2) |
タイで「事業を興しませんか」という誘惑 その2
JUGEMテーマ:旅行


前回のつづき です・・・

もちかけてきた事業の内容は、
アパート経営だった。

俺の会社は工業団地内にあった。
そして、
工業団地の周囲は地方出身のワーカーを当て込んだ
アパートの建設ラッシュだった。

そもそも外人は土地を買えないので、
手っ取り早いアパート経営の方法は
既に建っているアパートを一棟借りることだ。


定時に工場を出て、
そのワーカーと一緒に
近くのアパート街を見に行った。

白亜の安アパートイヒヒがズラッと立ち並んでいる。

物件をいくつか見せてもらうが、
なかなか楽しそうで興味が湧いた。

いくつか物件を見てまわるうちに、
会社のバスでアパート街に帰宅してきた
ウチの会社のワーカーも大勢見かけた。

その中には美人も多いのだ(*`艸´)ウシシシ


さて、建物は概ね、一棟につき、
2階以上の階層に4〜8室分の貸し部屋と、
1階は1〜2つの貸し店舗スペースがある。

話を持ちかけてきたワーカーは
1階の店舗に入って食堂をやりたいと言う。

実際、1階部分のテナントはほとんどが
飲食店、美容・理容店、雑貨屋、洗濯屋。
たまにオシャレなパブのような店など。


2階以上の貸し部屋は
地方から来たワーカーに貸してもいいし、

「岡村さんが個人的に・・・例えば・・・
 オンちゃんと同棲してもいいんですよ、エヘヘ」


と、魅力的な話をする。


更につづく・・・
【2009.02.13 Friday 00:24】 | タイで働く | comments(0) |
タイで「事業を興しませんか」という誘惑 その1
JUGEMテーマ:旅行


約3年前のことだけど・・・

駐在員をやっていた会社を辞める決心をして
仲良かったタイ人ワーカーにも自慰を・・・
いや、辞意を告げた。

すると、
そのタイ人ワーカーが

「事業を興しませんか?」

と、
事業のパートナーになってくれと言ってきた。

事業のパートナーになると言っても、
実質は金主になってくれという事だ。


そう言われて思い出したのだが、
そもそも俺がタイで働こうと思った動機は

俺は株や先物で生活しているけど、
そんな人間はこの世に居なくてもいい


と思ったからだった。
年間の儲けも大した額ではなかったしねあっかんべー
 生活費は、沈没組の平均値くらいじゃないかな〜・・・
 それで資産が少しづつ増えていく程度だからね
わーい



先物のサヤ取りという投機手法は、
価格の不均衡を正すという意味では
世の中の役に立っていると言えなくもない。

しかし、
どうしても必要とされているワケでもない。

俺がやらなくても、他の誰かがやるし、
誰もやらなくても自然に価格の歪みは解消されるものだ。


俺が死んでも誰も困らない
俺はそういう寂しい存在なのだ


と思うと、
事業を興すなり、組織に所属するのは
非常に意義ある事だと思ったからだった。


というワケで、
その事業の話を詳しく聞くことにした。

つづく
【2009.02.06 Friday 00:50】 | タイで働く | comments(0) |
悪徳金融業者も顔負けの
JUGEMテーマ:旅行

タイ人もいろいろだけど、
深く考えずに金をガンガン遣う奴が多いのは確かだ。

もちろん、勤勉倹約の人も多いけど、
いかんせん給料が安いから、
節約してもすぐに財布が底をつく。

というワケで、
給料の前借りを申込むワーカーはかなり多い。


日本では、給料の前借りは法律で認められているので、
タイでも可能かもしれないんだけど、
庶民が無知なのをいい事に、搾取する経営者も多い。


例えば、給料日の1週間前に金欠になって、
ワーカーが給料の前借りを申込むと、

「じゃ、金利+手数料として10%引いておくけど、
 それでもよかったら今払ってあげるよ!」


と、法外な金利+手数料を取るのだ。


財布が空っぽのワーカーは、
それでも喜んで受けるんだね。


それに味をしめて、毎月給料の1週間前に

「今月はどう?10%引きで給料、今欲しい?」

と従業員に訊いてまわる経営者も居るから
アジアで華僑がノシ上って行ったのも分かる気がする。

でも、貧しい人から巻き上げるんじゃなく、
金持ちからムシリ取るようにしてほしいね!

こんなやり方が永遠にまかり通ると、
金持ちはドンドン金持ちになって、
貧乏はドンドン貧乏になっちゃうよ!
【2008.05.30 Friday 03:07】 | タイで働く | comments(0) |
黒いブラジャー
バスから降りてきたAちゃんOちゃん
共に「Gパン+ピンクのTシャツ」というイデタチ。

タイ語講座から来てくれた人へミニ・タイ語教室!
Gパンの事を”カンケン・ジーン”と言います。”カンケン・デニム”でも通じると思う。



さて、所詮はアテ馬の俺。デートのプランも何もない。
全てOT君に任せてある。

OT君

「遠路はるばる来てくれたレディーたちに、
 まずは、プレゼントを買ってあげなきゃ・・・」


と、エンポリアムへ。


ちなみにこのOT君は、タイ人の間では有名な、
女性ワーカーへのミツグ君だった。

以前にも他の美人ワーカーをデートに誘って
腕時計や金のアクセサリーを買ってあげた事がある。

そのプレゼントを見せびらかされた
他の女性ワーカーから、

「私にも指輪やペンダントを買いなさいよ!」

と、次々に言われ、
そして次々に買わされていた事があった。
(バラシてごめんね、OT君!)


というようなワケで、OT君が
エンポリでAちゃんに7,000バーツ以上もする
金の腕輪を買ってあげようとしたら、
Aちゃんは値段を見て、腰を抜かして遠慮した。

「こんな高い物、勝ってもらうにはまだ早い

というようなニュアンスだったと思う。


ところが、エンポリ中を見回っても、
彼女たちが欲しいものはなかった。

そこで俺が、近くのナラヤに行く事を提案。
日本のスチュワーデスが火付け役の、かわいいリボンで有名なバッグの店


行ってみると俺のアイデアは的中で、
彼女達は一心不乱にめぼしい物を探し始めた。
(2人は、まだ21歳だったからね。
 金のアクセサリーより、かわいい小物の方がよかったんだろう)



しかし、初めてのデートで、
プレゼントされる立場では、遠慮してしまって
「コレが欲しいの・・・」とは言いにくいようだった。


そこで俺は、Oちゃんの好きな色を聞いたうえで、
俺がバッグを何個かみつくろって、
そこからOちゃんに選んでもらおうと考えた。


という事で、Aちゃんに訊いてみた、

「Oちゃんが好きな色は何色?」

「Oちゃんはピンクが好きなのよ。
 ほら、Tシャツもピンク色でしょ?」


「なるほど・・・。
 てっきり、黒が好きなのかなと思ってたよ」


「なんで?そう思うの?」

「だって・・・เสื้อ ใน (スア・ナイ・・・ブラジャー)

 が黒じゃん?!ホラ、透けて見えるでしょ?」



と、冗談を言ったら、


「あ〜スケベ!Oちゃんに言っちゃお!」

「ヤメロ!ヤメロ〜!!」

「分かった。Oちゃんには言わないからさ・・・」


と、その時は言ってくれたものの・・・

後でAちゃんOちゃんがヒソヒソ話をした後、
Oちゃん”キッ”と俺を睨んだので
イヤな予感がした。

それっきり、
Oちゃんの態度がよそよそしくなったので、
Aちゃんは間違いなく喋ったのだと思われる。


<翌日>


会社に行くと、たくさんのワーカーが
白い目で俺を見ているような気がした。

中には、俺を見て
「ヒソヒソ・・・コソコソ・・・」
と、陰口を叩かれているような気がした。



まるで・・・”ときめきメモリアル”で、主人公が

「最近、俺の悪い噂が流れているようだ」

みたいな気がして憂鬱だった。
意味が分からない人はネットか何かで調べてね!



そこで、思い切って昼休みに、
Oちゃんが昼寝する倉庫に行って尋ねると


「ん?Aちゃんからは何も聞いてないよ。
 私は黒はあまり好きじゃないけど・・・ちっ


「 (゚Д゚) やっぱり・・・聞いてたのね・・・たらーっ



俺が会社を辞めたのは、
この事件が原因の一つだったかもしれない。
 


今回はフーフー岡村のタイ語講座の関連エントリーとして紹介した逸話です
【2007.10.22 Monday 00:37】 | タイで働く | comments(2) |
女性従業員とデート
駐在員だった頃、一度だけ
女性ワーカーとデートした事がある。

と言っても、2人っきりではない。


同僚にOT君という、惚れっぽい男が居て、
そいつのダシに使われたのだ。


OT君には、どうしてもデートしたい女性従業員が居て、
その子(Aちゃん)を誘ったら・・・よくある返事、

「友達のOちゃんも一緒に行っていい?」

だった。
そこでOT君はとっさに、

「実は、岡村がOちゃんの事を好きなんだ。
 ちょうど、岡村に頼まれていたんだよ〜、
 Oちゃんとのデートをセッティングしてくれって」


と、
ありもしない話を作られ、アテ馬にされたのだ。


確かにOちゃんは美人で大人しくて、
性格もいいという評判なので好意は抱いてたけどね。
(但、ボリスットではない、とも聞いてたけど)


「岡村さん、今度の日曜はデートですから」

と突然告げられ、正直、ちょっと困った。


Oちゃんは可愛いけど、
俺の本命はオンちゃんだったからだ。

しかし、OT君が泣いて頼んでくるので仕方ない。
約束の日、エカマイのバスターミナルに
AちゃんとOちゃんを迎えに行った。



長くなるので次回につづく・・・
【2007.10.20 Saturday 11:41】 | タイで働く | comments(2) |
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
<<お気に入り〜っ>>

アジアン王

Gダイアリー


この本と
俺の公式サイトで
タイ情報は完璧?

アクセス解析
LINKS
RECOMMEND
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ)
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ) (JUGEMレビュー »)
加川 博之

旅行タイ語のベストセラー最新版
初心者向けっぽい装丁だが、
発音表記などに工夫が見られる。


バカにできない内容で、
読み応えアリ。
タイ旅行バンコク旅行には必携!
RECOMMEND
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276)
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276) (JUGEMレビュー »)
邱 永漢
タイでセミリタイヤ・ロングステイ・沈没生活するメリットが分かるよ
RECOMMEND
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ!
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ! (JUGEMレビュー »)
クーロン黒沢, エポック伊藤, 皿井 タレー


タイのディープな世界をおもしろおかしく綴った名作!
RECOMMEND
男と女のタイ語会話術
男と女のタイ語会話術 (JUGEMレビュー »)
ポンパン・レプナグ, Phongphan Lebnag

タイ語は発音がムズカシ〜イ!
でも、彼女にこの本を見せればバッチリ、ラブラブ!!
モテる男の必須アイテム
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH
PAGETOP  
 
since090929jptime3:00
ブログパーツUL5