バンコク駐在員日記

駐在員を辞めてからは
沈没時代に逆戻り、
株式投資と先物取引で生活しています
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.02.19 Sunday 】 | - | - |
モタサイ(バイクタクシー)のユニフォーム屋さん
JUGEMテーマ:旅行

motocycuniform

タイ・バンコクはスクムヴィット・ソイ48にある、
各種ユニフォームを取り揃えた店。

プラカノン周辺は、こういうモタサイの制服や、
サッカーのユニフォームを売る店がいくつもあり、
なかなか楽しい。

服の修理・縫製などの”家内制手工業”の店というか、
内職の現場も至る所で見られるし、
ガード下には床屋もたくさんあってアジアっぽさ満点。

このモタサイのユニフォームは、友人へのタイみやげとして、
190バーツで(*)買った事があるが・・・

よく考えると、
「クロントーィ」などの地区名まで入っていたけど、
旅行者に売ってもいいのかな〜??


(*)あれは確か・・・源発利茶室の取材の時だから、2006年の事だね。

【2008.03.29 Saturday 00:27】 | タイのおみやげ | comments(3) |
コレ何だか分かる人、手を挙げて!
これが何なのか・・・分かる人はバンコク在住か、
或いは、かなりのバンコク通だね。

JUGEMテーマ:旅行


コレ、実は現在バンコクで大ブレイク中の、
投影機付ライターから照射した映像なのだ!

スクムビット通りなどで行商人が売り歩いているし、
某コンビニでも買える。(20バーツ)

これはファラン女性の映像だけど、
他にもいろんなバリエーションがあるので、
お土産に最適だね。

ただし、機内持ち込みできるライターは1個なので、
大量に買って日本に持ち帰るのは難しいかもよ。

また、カラオケ屋のオネエチャンたちは
皆、このライターの事を知っているので、
今更タニヤに持って行っても全然ウケないから注意!

それにしても・・・
”オッパイきれい!”だね〜
【2007.12.27 Thursday 11:26】 | タイのおみやげ | comments(2) |
ヒワイな棒



これはヒワイな事に使う棒ではない。

足マッサージに使う棒だ。


出張でタイに来た連中が
”おみやげに欲しい”というケースが多い。


バンコクのアチコチで売っているが、
人に頼まれたときは
俺はスクムビット24−1の角の店で買う。


いろんな種類があるが、
中には手裏剣みたいな十字の形のもあり、
幼稚で頭の悪い友達には人気がある。
(俺の友人にはこーゆー奴が多い)


値段は1個20〜30バーツだ。
(今は値上がりしたかもね)


もっと安い店もあると思うが、
メンドクサイのでいつもそこで買う。

この写真の形状なら、
ゴムをかぶせて遊ぶこともできそうだね〜

【2007.01.12 Friday 21:51】 | タイのおみやげ | comments(0) |
女性に人気のバジルシード (+タイ語講座)


コレ、日本でブームの、バジルシード

ダイエット食品として、日本では
1000円〜3000円くらいで売っている。

しかし、タイではスーパーなどで安く売っている。

この写真のは90g17バーツ(約50円)
他に、45gのブツだと9バーツ(約30円弱)

(フジスーパーでこの値段なので、
 他のビッグストアではもっと安いと思う)




安いから、タイに来たらお土産に買って帰るといい。



<久しぶりにプチ・タイ語講座>


ちなみに「スーパーマーケット」の事を、今でこそ
タイ語でも「スッパーマケッというが、
昔は

ห้าง (ハン と言っていた。


元々は、中国人・華僑が経営する商店の意味で、
商店の中でも大きな建物の部類を指す。

デパートなどは

ห้างสรรพสินค้า(ハン・サッパスィンカー)

と呼ぶ。


さて、なぜ、こんなどうでもいい事を説明するかと言うと、

タイではダンナ様、ご主人様、お客様、などの
お金持ちの客に対して

นายห้าง(ナイハン

と呼びかけるからだ。


ゴルフに行くと必ず、キャディに

「ナイハン!」

と、呼ばれますよね!


MPでもナイハンと呼んでくれるオネエチャンは多い。

また、
タニヤの女たちは、自分を囲っているハゲオヤジ
毎月お金を送ってくれるミツグ君の事をナイハンと呼ぶ。

(口が悪い女はもっと下品な呼び方をするけどね)


ナイの意味は「主人、主、長」などに相当し、
男性に対して用いる。


つまり、元々の意味は

「デッカイお店の持ち主である(華僑の)オッサン」

そこから転じて 「お金持ち」を総称して
「ナイハンと呼ぶようになったのだ。


だから、タニヤの女たちはともかく、
テーメーゴーゴーバーの女に

「アナタ!」 と呼ばれたら、

「俺は”アナタ”じゃねえ!
 俺は”ナイハン”だ!!」


と言ってみよう!

きっと笑われるはずだからね・・・
【2006.11.01 Wednesday 13:42】 | タイのおみやげ | comments(0) |
タイの土産ならコレ (喫煙者向け)


これは誰もがご存知、タイのタバコ。

グロテスクな写真付き。


なぜこんな写真がパッケージに印刷されているかと言うと、
一昨年だったか・・・
世界タバコフォーラム?か何かが開かれ、
その決議で、
煙害をパッケージに更に大きく表示する事となったのがキッカケだ。


パッケージの表面積の何パーセント以上かを使って、
喫煙の害を警告するという内容だ。


これを受けて、世界中で警告文の面積が拡大され、
日本でも警告文が大きくなっている。


タイでは確か、昨年から
グロ写真の無い物は販売できなくなった。

もし売れば、罰金2万バーツだった(と思う)。


さらにタバコを売る店では店頭に陳列するのも禁止され、
普段は客から見えないところに置いてある。

客が 「タバコちょーだい!」 と言って初めて
めんどくさそうに引き出しから取り出して売ってくれる。
(酒の販売についても、同じような法律ができた)


よく、「どこに行ってもタバコ売ってねーよ」

と、オノボリさんがブツブツ言っているのを聞くが、
そういう事情なのだ。



無精ヒゲを汚らしく生やしたヤニで黄色いスキッ歯、
ドス黒い肺の拡大写真、
子供を抱いたオッサンのタバコの煙が漂っている写真、
タバコのせいで早く老けてしまった白髪のバーサン、
などなど・・・

いろいろあったが、種類が増えて管理が面倒なせいか、
7種類くらいあったグロ写真は、
いまでは3〜4種類しか見かけない。


タイには通称*「死体博物館」があるくらい、
タイ人はグロテスクな物が好きなので、
もっとバリエーション豊かにラインナップ展開して欲しいもんだが・・・。
*(正式名称は解剖学博物館と法医学博物館。
  行ってみたい人は地球の歩き方を参照してね)



このタバコを土産に買って帰る日本人が激増して、
バンコクの一部地域ではタバコの売り上げは増えているとか・・・。



ちなみにカンボジアに行けば、
そんな取り決めは全く無視したタバコを売っているが、
妙にマズイので、たぶん中国北朝鮮の偽造タバコだろう。



さて、ここからが

<フーフー岡村のちょっとお得な情報?!>



チャイナタウンに行けば夜10時頃にならないと開かない、
チョー胡散臭い激安タバコ屋がある。


ここではグロ写真なしのブツが手に入る。
表示も英語で、タイ語は一切書かれてなく、
マイルドセブンだと箱の横に 「輸出用」 と日本語で書かれている。


いつも鉄の金網のシャッターを閉めたままで営業していて、

「マイルドセブンくれ!」

と、店の奥にいるオッサンを怒鳴りつけると、
オッサンがめんどくさそうにノソッと立ち上がり、
金と引き換えに、黒い袋に入れて渡してくれる。
(↑この一連の取引は、全て金網シャッター越しに行われる)


昔マルボロがコンビニで50バーツの時、
この店で買うと42バーツだった。
(ただし、1カートン単位でしか売ってくれない)

さすがに今は48バーツに値上げしている。


昔、台北ホテルに在住していたSさんが言うには、
この店のブツは密輸品だろう、
との事だが、味がヘンな時があるので偽造品かもしれない。


昔は店によってタバコの値段が違っていたが、
今はほぼ統一されているので、
安心できるブツを安く買うにはロータスが無難だろうね。

カートン単位の販売だが、1箱あたり5バーツ程度安いからね。
【2006.10.19 Thursday 11:11】 | タイのおみやげ | comments(0) |
ニセモノ天国タイ〜腕時計編
タイのニセモノと言えば、
すぐに思いつくのは腕時計だと思う。

パッポンプラトナムスクムビットなど、
至るところで売られている。

ニセブランド時計を露店で販売する業者は、
ほぼ100%、チャイナタウンで仕入れている。

ニセモノでなくても、
例えば199バーツや200バーツで売っている、

「ケロケロケロッピー」
「キティ」
「ドラえもん」
「ピカチュー」 

や、同じく199バーツで売っている、
見たこともない無名ブランドなども
ほとんどが、チャイナタウンで仕入れている。

チャイナタウンが暗黒地帯と言われる所以だ。
(俺の第2の故郷だけどね)


他の地域で卸しをやっている業者も
チャイナタウン経由で仕入れているか、
中国から直接仕入れているかのどちらかだ。

とにかく中国人がからんでいる。


そのホールセラーの場所は公表するわけにはいかないが、
台北旅社からでもなんとか歩いていける。


でも、皆さんがそこを探すのはやめた方がいい。

まず、見つけられないし、
見つけても店内には入れてもらえないし、
入れてもらえても交渉もできないだろう。

まとめ買いしないとダメだし、
まとめて大量に買っても日本に持ち帰るのは大変だ。


バンコクの路上で売るのはヤバすぎるし、
(同じ日本人として↑情けないからやめてね)
タイ人の店と競り合っても負けてしまうからね。


ちなみに、199バーツで路上で売られているブツの
仕入れ価格の相場は100バーツ。

もちろん、大量に買えばディスカウント可能。


ニセブランド品はピンキリだが、それでも数百バーツだ。


ニセモノ販売は違法行為です。絶対にやめましょう!!
【2006.10.09 Monday 13:45】 | タイのおみやげ | comments(2) |
M.I.3のDVDがたった50バーツ
先週、某風呂屋街の近くでDVDを買った。

いつものオッサンが”ミッションインポッシブル3”のDVDの箱を
俺に見せて、

「50バーツでいいよ」

というので、中身が入っていることを確認してから
50バーツ渡した。


例えば中国では、

「1000円! 安い! 1000円! 安い!」

と言ってきれいな見本を客に見せてみやげ物を売りつけてくるが、
交渉成立して金を渡すと、袋から白い箱を取り出して

「はい、じゃ、これ品物。アリガト!」

と言ってその白い箱をさらに袋に入れたりして
そのまま手に持って帰れるようにしてくれる。

ところがその夜ホテルでその箱を開けてみたり、
ひどい場合は日本に帰ってから箱を開けてみると

中は空っぽ

ということがよくある。

皆さんも海外旅行で買い物する場合はよく気を付けましょう。


で、帰ってさっそく鑑賞してみたが、画像は悪くない。
中国人が映画館でビデオカメラ盗撮した海賊版だろうけどね。

しかし、アクション映画のせいか、
英語が速すぎてほとんど聞き取れない。
ヒソヒソと小声でしゃべるシーンも多いし・・・。

他の言語を選べるといっても中国語かタイ語しかない。

幸い、英語の字幕が画面の下の方に出てくるので
映画の内容は理解できた。

やっぱり、タイでDVD買うならエロDVDに限るね〜。
【2006.05.24 Wednesday 04:54】 | タイのおみやげ | comments(0) |
タイの奇怪な薬



今回は、タイの奇怪な薬です。
見るからに怪しいですね〜。

この民間薬は、ノドの薬です。
セキや、痰がからんだ時によい、と書いてあります。
日本でいうとクララです(古い??)。

ノドが痛い、とタイ人ワーカーに言ったら、これを買ってきてくれた。
たぶん、俺をビビらせるためでしょう。

ムカデをすり潰してつくった薬だそうですが、
それにしても不気味ですね〜。


会社には、ちゃんと「ホンパヤバーン(医務室)」があり、
病状を言えば薬をくれるんで、
こんなヘンな薬をわざわざ買ってまで飲む必要はないんだよね〜。


一応飲んでみたら、意外や、効きました。
代わりに、気分が悪くなって吐きそうになったけど・・・。

ちなみに値段は10バーツで、コンビ二で売ってます。
【2006.04.26 Wednesday 00:41】 | タイのおみやげ | comments(0) |
タイの危ないお菓子



前回のラムズフェルドで思い出したお菓子。
仁丹みたいなもので、味はまずい。

これがなぜ、ラムズフェルドとつながるかというと、
このお菓子は原料にアスパルテームが使われているからだ。

アスパルテームとは甘味料の一種だが、
タイではホテルのレストランなどで、
ダイエットシュガーとして置いてある。

カロリーを気にする人は、コーヒーや紅茶にこのアスパルテームを入れるといいですよ、という小さな親切、大きなお世話というやつです。

日本でもダイエットスリムという名前で売っていたと思う。


アスパルテームラムズフェルドとのつながりは、
インターネットで検索してみてね。いっぱい出て来るからね。


なお、開封してあるわけは、
撮影前につい一口食べてしまったからです。

(どんな味だったかな〜・・・?)

と思ったら、つい開けてしまっていた。
【2006.04.25 Tuesday 03:06】 | タイのおみやげ | comments(0) |
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
<<お気に入り〜っ>>

アジアン王

Gダイアリー


この本と
俺の公式サイトで
タイ情報は完璧?

アクセス解析
LINKS
RECOMMEND
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ)
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ) (JUGEMレビュー »)
加川 博之

旅行タイ語のベストセラー最新版
初心者向けっぽい装丁だが、
発音表記などに工夫が見られる。


バカにできない内容で、
読み応えアリ。
タイ旅行バンコク旅行には必携!
RECOMMEND
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276)
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276) (JUGEMレビュー »)
邱 永漢
タイでセミリタイヤ・ロングステイ・沈没生活するメリットが分かるよ
RECOMMEND
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ!
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ! (JUGEMレビュー »)
クーロン黒沢, エポック伊藤, 皿井 タレー


タイのディープな世界をおもしろおかしく綴った名作!
RECOMMEND
男と女のタイ語会話術
男と女のタイ語会話術 (JUGEMレビュー »)
ポンパン・レプナグ, Phongphan Lebnag

タイ語は発音がムズカシ〜イ!
でも、彼女にこの本を見せればバッチリ、ラブラブ!!
モテる男の必須アイテム
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH
PAGETOP  
 
since090929jptime3:00
ブログパーツUL5