バンコク駐在員日記

駐在員を辞めてからは
沈没時代に逆戻り、
株式投資と先物取引で生活しています
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.02.19 Sunday 】 | - | - |
アラブ男専門の美人タイ人熟女 その3
JUGEMテーマ:旅行


ある夜、涼風真世情報を得るために
例のマッサージ屋へ行ってみると、
ちょうどヨゴレ熟女が珍しく白人を連れて来ていた。

俺は、
この涼風真世似の熟女に深い興味を持っているので、
迷わず俺も足マッサージを受けることにした。
ストーカー趣味ではなく、こういう人妻の生態を研究したいだけだ



いつもはアラブ人かインド人を連れているので

(珍しいな〜)

と思っていたところ、
ヨゴレが携帯で話し始めたのでこっそり聞いてみた。



「ファランじゃ物足りないけど、
 いいアラブが居なかったのよ」


(なんか競走馬の品定めみたいな話だな・・・)

「明日は夫がいるから仕方ないのよ。
 今夜は、すぐに食いついてきた
 このヨゴレ白人で手を打っておくわ」



ちなみにこのヨゴレ女、
東洋人には全く興味がないらしい。

俺はなんとかして、このヨゴレと懇ろになりたいのだが、
ジャニーズ系の俺には無理っぽい。

だが、
アラブ人・インド人に間違えられる自信がある人は、
このヨゴレと遊べる可能性大だから、
希望者はアラブっぽく撮れた写真付きでコメント送ってね!



これは本文中の美人熟女ではありません。
 

<お知らせ>

・このブログを読むようになって、まだ2年以内の読者
・ごく稀に居る、フーフー岡村の大ファンという珍しい読者

で、かつ、日本在住者には、
今月号のGダイアリー(11月号)を買う事をおススメする。
タイ在住者は、漫画喫茶KOTO等で読めるからね。

で、今月11月号を買ったら、来月の12月号も買うべし。
この2冊は連続で買わなければ意味がないからね。
もし、アテが外れたら、このブログ上で再度告知する。

理由は敢えて書かないが、熟読すれば気付くかもね。

来月の今頃には理由を発表するかもしれない
【2009.10.22 Thursday 01:36】 | タイ人女性 | comments(9) |
アラブ男専門の美人タイ人熟女 その2
JUGEMテーマ:旅行



前話の熟女美人はコレを少しブスにした感じ。
いくら俺好みの美人といえども、カトゥーイの美しさには勝てませんな・・・



<前回の続き>

俺は”涼風真世”情報を得るため、
くだらない冗談でモー・ヌワット(マッサージ師)を笑わせ、
仲良くなってから、先の熟女について、それとなく訊いてみた。

すると、ビックリするほどというか、
面白いほどペラペラ喋ってくれた。


夫はなんと、
タイにある外資系の巨大スーパーチェーンの
タイ全土のマネジャーだそうだ。
BかCかLかMかはココでは書けない。
  関係者が調べればすぐに分かってしまうからね



ということは、
夫は強大な権限を持つエリートで、
月給は推定ウン十万バーツと思われる。

夫が高級コンドミニアム2軒と一軒家も持っているのに、
妻はアラブ人と遊ぶために
安物のアパートを借りているのだという。

タイ人夫は背が高く、ハンサムで、とても優しく気前がいい、
と、モーヌワット全員が言っていた。

しかも妻が夜な夜な遊び歩いているのを
愛しているゆえに、許しているという。


しかし妻であるあの熟女は
一人の男では満足できない女だそうで、
夜な夜なアラブ人漁りをしているそうだ。

という事は、
金も受け取ってなんじゃないかという気がする。
後に確認したら、いくばくかの金を請求するようだ。


アラブ系のF××Kは乱暴と言われているが、
熟女が連れているアラブ男は大声で話すものの、
マッサージ師にも丁寧で物腰柔らかめに接する。

イケメンアラブ人などは、
ただの客である俺にまでワイして帰った。


恐らく、タダでヤルまでは、
ヨゴレ熟女に嫌われないようにしているのだと思われる。

「ムスリムの男はアナル好き」
とも噂されているから、
そのヨゴレ女もアナルが好きなのかもしれない。

更に続く・・・
【2009.10.19 Monday 07:38】 | タイ人女性 | comments(6) |
アラブ男専門の美人タイ人熟女 その1
JUGEMテーマ:旅行



バンコクに戻ってきてすぐに
タイ人の美人ヨゴレ熟女を発見した。

スクムヴィット・ソイ7の”ビアーガーデン”で飲んだり、
ソイ3の”グレースホテル”周辺を巡回すると、
頻繁に見かける俺好みのタイ人女性がいた。

ややポッチャリした熟女という点は
ストライクゾーンど真ん中。

目がパッチリと大きく、
ややタレ目で涼風真世を彷彿とさせる。

色白というのだけが気に入らない点だが
それも許せる範囲だ。

どうせ「乳首は真っ黒」のはずだしね(*`艸´)ウシシシ


で、いつもソイ3〜ソイ7辺りで見かける。
特にソイ5のフードランドで見かけることが多い。

で、アラブ人に目配せして食いつかせ、
アラビア語か何かよく分からない言語を操って
アラブ人数人といつもどこかへ消えて行く。

メガネにかなうアラブ人が居ない時は?
インド人っぽいムサい男を連れて行くようだ。

グレースによく居る、
”デブだからアラブ人にしかモテない組”
とは雰囲気が違うので、俺は気になっていた。


そんなある夜のこと・・・



久し振りに行ったバーの近くにある
ガイヤーン屋台に立ち寄った。

その屋台は美容院の前で営業しているのだが、
ガイヤーンを炙り直している間、何気なく美容院の中を覗くと、
涼風真世が髪のセットをしていた。


オヤッと思い、
その美容院が視界に入る場所でガイヤーンを食い、
熟女が出て来るのを待って、尾行した。
普段の俺にはストーカー趣味はないが


すると熟女は、とあるマッサージ屋に入り、
携帯で誰かと話している。

俺もそのマッサージ屋に入って、
少し離れた場所で足マッサージを受けた。

しばらくすると、
アラブ系の男が3人やって来て、
その女と並んで足マッサージを受け始めた。

で、マッサージが終わると、
一番イケメンのアラブ人男性と涼風真世が左方向に消え、
残った男2人は反対方向へ歩いて去っていった。


(うう〜む・・・)


次回に続く・・・



写真の女性は記事内の熟女美人ではありません。
【2009.10.16 Friday 00:02】 | タイ人女性 | comments(3) |
久しぶりの「タイで見つけた理想の美人」
JUGEMテーマ:旅行


俺は 7−11 によく行く。

日本の伊藤忠が展開しているファミリーマートも含めると、
平均して日に4〜5回、最低でも3回は行く。

そこで見つけたのが コレ

7catalog

左側の女性は俺の理想にかなり近い。
コレでデブなら、ド真ん中のストライク。
飽くまでも”ど真ん中”というだけです。
昔、広島東洋カープにランスという外人選手が居たけど、
ランスは外角低めの球を打ってよくホームランにしていた。
逆にド真ん中に手を出すと、いつもボテボテのゴロに打ち取られてた。



アゴが尖っていて、眼力があって、ややタレ目っぽい。
こういう女性なら5000バーツまでなら払える。

こんな美人には、
オブセッションかキングスコーナーでしか
お目にかかれないよね〜。

タイのセブンイレブンに置いてある、
  通信販売の雑誌?「7−カタログ」の表紙より


ちなみに、右の女性は好みでないので、
1300バーツ迄なら払ってもいいかな〜・・・

なお、店内の写真撮影は厳禁なようで、
この写真を撮ったら店員のオバチャンに怒られた。
【2009.09.18 Friday 00:05】 | タイ人女性 | comments(5) |
多い日も安心ですか?
TVでときどき、
生理用ナプキンのコマーシャルを見る。

地下鉄のホームにあるモニターでも、
ナプキンのコマーシャルをやっている。


いつもボケーっと見ているので、
CF・CMの中でオネエチャンがどうゆう宣伝文句を言ってるのか
全然覚えてない。

(ベトナム人みたいに
 「ニャーニャー」言ってた記憶だけがある)




そのCFを見て、昔の女が言ってた事を思い出した。


ご存知の通り、
イサーン地方には貧しい家庭が多い。

その女が言うには、
昔のイサーンには生理用ナプキンなんか無かったし、
仮に店で売ってたとしても貧しくて買えない。


では、初潮以降の女性はどうしていたか?


答えは、パンツを何枚も重ねて穿いていたそうだ。

月経でが出てきても、
パンツにそのを吸収させるようにするらしい。

で、家に帰ったらゴシゴシとパンツを洗う。



そんな話を聞くと、
何とかして助けてあげたくなっちゃうね。


これからも、できる限りの事をしたいと思う。

人助けするにも色んな方法があるからね、エヘヘ・・・
【2006.12.26 Tuesday 23:29】 | タイ人女性 | comments(0) |
フジスーパーで
先日、口内炎の薬を買いに
フジスーパー(33−1店)に行った。


タイは暑いので発汗のために脱水症状気味になりやすく、
それに伴い、いろんな疾病にかかりやすい。


昔は口内炎などなったことなかったのに、
駐在員やりだしてからは
年に1〜2回、口内炎になってしまう。

口腔内が切れるという症状なのだが、
会社の医務室のオネエチャンが言うには、
水分が足りないからだそうだ。


それと、

「岡村さんは遊びすぎで疲れてるからよ!」

と、医務室のオネエチャンにも、また、
いつも医務室でサボっているワーカーにも言われていた。


さて、薬屋で薬を買い、
袋に入れてくれるのを待っている間、
ヒマなので

(どこかにキレイな駐在員の奥様はいないかな?)

と、レジの方を見ると、
どこかで見たことあるような、ないような、
タイ人女性がこっちを見ていた。

(おっ?!俺に気があるのかな??)


つづく・・・
【2006.09.13 Wednesday 14:21】 | タイ人女性 | comments(0) |
昔の女
先日、元カノタイに帰ってきた!

日本での生活はつらいようだ。
日本という国は、日本人以外は生活に苦労するからね〜。
(↑日本人と結婚して、2005年初夏に日本に行ったのだ)


まず、
文字は読めない、
TV見ても何をしゃべっているのかさっぱりわからない、
外出しても、日本語表記だらけで目的地に行けない、
・・・・・など。

毎日、洗濯・アイロンかけ、掃除ばかりで、
ひまな時間にTVを観てもよくわからないのでおもしろくない。


買い物には1人でも行けるのだが、
もともとダンナがケチで金をあまり渡さないし、
仮にたくさん渡したところですぐに使いきってしまうので、
1人では買い物に行かせてくれないらしい。


たまにタイ料理を食べたくても、
日本ではタイ料理は高いので一品しか注文させてくれず、
タイでは1皿20バーツ(50円)程度のソムタムも、日本では1000円する!


「食べたい物を食べられないのでやせる思いだ・・・」

と、元カノはグチをこぼしていた。


やはり、タイ人と結婚したらタイに住むべきですな〜。


タイ人と結婚して一緒に日本に帰った奴も何人も居るが、
タイ人妻は皆、ホームシックになってダンナに泣いて頼むらしい、

「タイに帰りたい〜!!
 あんたがタイに帰らないなら私だけでもタイに帰る〜!!
 あんたは日本で必死に働いて
 タイに居る私に金だけ送ってくれればいいから〜!!」


と、ほとんどこう言うらしい。


そしてダンナは皆、なんか複雑な気分になるそうだ。
【2005.10.13 Thursday 19:58】 | タイ人女性 | comments(0) |
日本人好きな女
昨日はマッサージへ行ってきた。

スクムビット33にある、ミーハーな観光客には有名な店だ。
(権威あるお寺の経営?)

そんなことより、
その隣に今年6月に新規開店したマッサージ屋が今日のテーマだ。


ここのマネジャーの女性は以前、
ソイ31の某マッサージ店のマネジャーをやっていた。


そのマネジャーの女性には日本人の彼氏が居たのだが、
そのからみか、31の店を辞めて新しい店を立ち上げた。


31の店では、遅番で受付嬢兼マネジャーをやっていたのだが、
この新規開店にあたり、
早番をやっていた女の子も引き抜いてしまった。

といっても、
早番の子と一緒に住んでいたのだからそれも当然の成行きだろう。


さて、困ったのは31の某マッサージの経営者だ。

受付業務をほとんど任せていた2人に
同時に辞められてしまったのだから当然だね!


そこで、この31の経営者は考えた。
この受付嬢コンビを引き離そうとしたのだ。


まず、早番の子(名前はNちゃん

「うちの店に戻ってきてくれたら100万バーツ(約270万円)
 あげるから、戻ってきてちょうだい!!」


これでNちゃんの心はグラッときた。


Nちゃんが受付嬢としてもらっていた給料は、
たったの月7000バーツ(約19000円)、
100万バーツというと142ヶ月分だから
12年分の給料に相当する額をくれると言うのだから当然だろう。


「金を取るか・・・、世話になっているお姉さんをとるか・・・」


Nちゃんはかなり悩んでいたが、マジで悩んでいる最中に、
最後の交渉でこの31の経営者は金が惜しくなって

「やっぱり50万バーツに負けてちょ!」

ときたもんだから、
Nちゃんはこの経営者が信用できなくなって
お姉さんの店に行くことに決めた。



・・・とま〜、こういう人間模様があったわけだが、
それから今までいろんなことがあったんだよね〜。


この33の新しい店はインターネット上に広告を出しているので
それを見ればすぐわかる事なのだが、
表向きはともかく、この店はパンツ脱ぐほうのマッサージ屋だ。


が、警察にみかじめ料を払っていないのでガサ入れされてしまった。
こういった店のみかじめ料の相場は月3000バーツだ。

これをケチったために100万バーツの間で揺れていた若き乙女は警察に連れていかれてしまったのだ。


このNちゃんのネタはこれからが本番なのだが、
Nちゃんはとても日本人好きラブだ!!


つい最近まで、車を作っている日本で最も稼いでいる会社の
タイ現地法人のマネジャーの日本人のおっさんと付き合っていた。

そのおっさんに捨てられて、ヤケ酒飲みまくっていたかと思えば、
最近また新しい日本人の男をつかまえた。


このNちゃんはかなりの酒飲みで、
一人ででもソイカウボーイへ行ってつぶれるまで飲んだりする。
と言ってもクロートではない、普通のシロートの女の子だ。


ガンガン飲ませれば結構簡単なので、

プロのタイ人女性に飽きた方
または
「一度素人と・・・」

と思っている方には試してみる価値あり、だ。
好き嫌いはあるとは思うが、ブスではない。
俺は結構好きな顔だ。


しかし、なぜここまで日本人が好きなのかはわからない。

もしかしたら・・・・・
俺が日本人のよさを教えこんでしまったのだろうか・・・。

エヘヘ・・・

*ちなみにこのソイ33の店は潰れました
【2005.09.24 Saturday 14:45】 | タイ人女性 | comments(0) |
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
<<お気に入り〜っ>>

アジアン王

Gダイアリー


この本と
俺の公式サイトで
タイ情報は完璧?

アクセス解析
LINKS
RECOMMEND
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ)
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ) (JUGEMレビュー »)
加川 博之

旅行タイ語のベストセラー最新版
初心者向けっぽい装丁だが、
発音表記などに工夫が見られる。


バカにできない内容で、
読み応えアリ。
タイ旅行バンコク旅行には必携!
RECOMMEND
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276)
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276) (JUGEMレビュー »)
邱 永漢
タイでセミリタイヤ・ロングステイ・沈没生活するメリットが分かるよ
RECOMMEND
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ!
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ! (JUGEMレビュー »)
クーロン黒沢, エポック伊藤, 皿井 タレー


タイのディープな世界をおもしろおかしく綴った名作!
RECOMMEND
男と女のタイ語会話術
男と女のタイ語会話術 (JUGEMレビュー »)
ポンパン・レプナグ, Phongphan Lebnag

タイ語は発音がムズカシ〜イ!
でも、彼女にこの本を見せればバッチリ、ラブラブ!!
モテる男の必須アイテム
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH
PAGETOP  
 
since090929jptime3:00
ブログパーツUL5