バンコク駐在員日記

駐在員を辞めてからは
沈没時代に逆戻り、
株式投資と先物取引で生活しています
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.02.19 Sunday 】 | - | - |
タイの警察はヤクザ
JUGEMテーマ:旅行

先日、弟子Tがジュライ前に行き、
ティアの店でナムマナーオを飲んでいると、
警察官が二人やって来てティアに言った。


「お前、誰の承諾を得て、ココで商売やってんだ?」

「誰って・・・毎月28日に
 いつもの警官が集金に来るじゃない?」


「誰だ?その警官って?そんな奴、知らないな?
 俺はココの担当課長だから、金は俺に払え!」


「だって・・・いつもの警官に払ってんだよ!」

「ウルサイ!つべこべ言わず、俺に払え!」


このヘンで、
周りの屋台の経営者のおばちゃんたちが、
他人事ではないと思ったのか現場に集まって来た。


「毎月ちゃんと払ってるのに・・・
 今月は2重に払わないといけないのかい?」



警官は周りの屋台のおばちゃんたちの視線を感じ、
これ以上はヤバイと思ったのか、


「わかった!じゃ、今月はもういい。
 だがな、ここの担当課長は俺なんだ!
 来月からはソイツには払うな!俺に払うんだぞ!わかったな!」



と言って、帰ったそうだ。


なぜかティアだけが2重に請求されたのだが、
「ティアが強制的に払わされると、次は自分たちかも・・・」
と思うと、一致団結して白い目で反抗するのが
周りのおばちゃんたちの対抗策だったようだ。


カンボジアの警察=強盗 だけど、
タイの警察=ヤクザ だね・・・

【2008.02.22 Friday 23:59】 | タイの警察 | comments(5) |
バンコクの危険なソイ
数日前に警察の下部組織の放送局が
バンコクの危険なソイワースト10を発表した。

その中には、
沈没組にも馴染みのあるソイが含まれていた。


例えば、俺の公式サイトのトップページに
「ナンバーズホテル」 と書いた、
通称「ナメナメハウス」の近くのソイがある。

また、ラチャダーのMP街の近く、
プラチャソンコ通りのソイもあった。


これらのソイでは

強盗
引ったくり
強姦
麻薬取引

などが頻繁に行われている、との事だった。



昔、俺が住んでいたサービスアパート前のソイも、
引ったくりが多いソイだとTVで言っていた。

引ったくりには気を付けるだけで済むが、
淫獣H君は1度、死にそう撃沈になった事がある。


いつも通り、H君が近くのコンビニに
コンドームを買いに行った帰りの事だ。


サービスアパートの門をくぐろうとした時、
前方から男が1人、全速力で走ってくる。

そしてそれを2人の男が追いかけてきて、
逃げている方の男が
俺たちのサービスアパートに逃げ込もうとした。

逃げ込まれると厄介だと思ったのか、
追いかけている2人組が一斉に
ピストル銃で撃ってきたのだ。


H君は普段はボケーーーーーっとしている。

大脳の新皮質が未発達なせいだと俺は睨んでいる。
代わりに、脳幹だけが発達していると思われる。

つまり爬虫類と同じで、
生存本能だけが発達しているのだ。
(オナニーが好きなのは猿と同じだが、
 脳ミソの発達具合は猿以下という事だ)



だから、生存本能だけが発達しているH君
ピストルを向けられ、とっさに門の中に逃げ込んだが、
それでも流れ弾が数発、頭をかすめた。
(マジでもう少しで死ぬところだったのだ!)


たまたまプールからその光景を見ていた俺達は

「クーッ!惜しいな〜」

と笑って済ませたけどね。


ちなみにその時、アパートのガードマンは
門番小屋に入ってしゃがみこんで
嵐が過ぎ去るのを待っているだけだった。


逃げていた方はアパートの敷地内に入ってきて、
地下駐車場に隠れた。

追いかけてきた方も駐車場に入っていったが、
どうも獲物を見失ったようで、
5分後に駆けつけた警察に逮捕・連行されていった。


しかし、射撃場などでなく、
実戦でピストルを乱射するのを見ると、
けっこう迫力があっておもしろいよ〜・・・



【2006.12.23 Saturday 23:59】 | タイの警察 | comments(5) |
警察に払う罰金の額は?
前話のAが払った罰金は200バーツだった。
(立ち小便)

その前のHTさんは2000バーツ払わされた。
(タバコのポイ捨て)

では、立ちんぼが払う罰金はいくらだろうか?
タイに初めて来た友達によく質問される事なのだが、
皆さん、いくらか知っていますか?


答えは・・・「決まっていない」なんですね〜。
罰金の額は、その地域により罰金の額も変動するのだ。


チャイナタウンで捕まるとだいたい300バーツ。
ルンピニ公園で捕まると通常は500バーツ。

テーメーの近くで捕まると1000バーツ。


つまり、その場所の1回分の相場とほぼ同じなのだ。

よくチャイナタウンの女は領収書を持っていたが、
みな決まって300バーツだった。


台北ホテルのまわりにいい客がいない時には
ルンピニ公園に行く女もけっこう多い。

で、ルンピニで捕まって、罰金の高さに懲りて
台北の周辺に戻ってくると、

「ルンピニで捕まったら罰金が高いから
 チャイナタウンで立ちんぼする方がマシだ。
 台北のまわりなら疲れても座る所もあるし、
 食べる所もいっぱいあって困らないしね・・・」


と言う。


ちなみにタバコなどのポイ捨ての罰金は
法律で2000バーツと決まっているが、
ほとんどの警察官はその罰金を自分のフトコロに入れようとするので、だいたい値切れる。

俺自身はポイ捨てで捕まったことはないが、
一緒に居た奴が捕まったことはよくある。
いつも200バーツくらいで勘弁してもらっている。

警察官が給料日前か、とか、その時の機嫌や、
警察のノルマによることもあるようだ。


うまく払わずに済むパターンで一番よく聞くのは、

「お前の言っていることはわからない。
 ツーリストポリスを呼んでくれ!」


と警察官に対して言うことらしい。
するとわりとあっさり無罪放免になるらしいけど・・・。


でも・・・
それですんなり引き下がるポリスマンって、
俺が思うに、ニセ警官じゃないかと思うんだけど・・・。

一応、法律かバンコク市条令で決まっている事だし、
アチコチに
「罰金2000バーツ」
って看板がぶら下がっているんだからね〜。
【2006.06.30 Friday 23:51】 | タイの警察 | comments(0) |
立ち小便で警察に捕まった
警察に捕まったという話で思い出したのが
ジュライ組の重鎮、Aの事。


ジュライホテルは1995年につぶれるのだが、
そのずーっと前からAはバンコクを離れて
カンボジアのプノンペンに住み着いていた。

タイに戻って来たのはほんの5年前くらいのことだ。

(あまりくわしく書くと、
 誰の事だかわかってしまうのでこれ以上は書けない。)



1ヶ月くらい前、ミスタールンピニの店で飲んでる時にA

「これ、何だかわかる?」

と、タイ語の書類を財布から取り出して
俺に見せた。

タイの役所が発行した書類だが、
所々、手書きの部分があり、
その手書きの部分は数字と、
汚くて何と書いてあるのかわからないタイ語とが並んでいた。

(どこかでこんな書式を見たことがあるよな〜)

と思いつつも、
かなり酔っていたので思考能力もないし、
小さく書かれたタイ文字を見る気もしなかったのだが、

「何て書いてあるか当てたら、ビールおごってやるよ」

Aが言うので、解読してみた。


「警察」とか、「罰金」とか書いてあるのですぐにわかった。

罰金の額は200バーツで、
しょっぴかれた理由は「立ち小便」だった。



一緒に飲んでいたタイ人のオネエチャンも、

「これ、恥ずかしいのコトよ!」

と、ヘンな日本語で笑った。

A

「これは記念に日本に持って帰る!」

と大事そうに財布の中に入れて、
また飲み始めた・・・


という、何のオチもない話でした。ジャンジャン!
【2006.06.29 Thursday 23:59】 | タイの警察 | comments(0) |
タバコの吸いすぎに注意しましょう
今日も警察ネタ。

以前ブログに書いた大先輩HTさんが警察に捕まった!!


HTさんはあまりカラオケとか、高級お風呂屋さんには行かない。

カラオケに行くと、飲み代にプラスして女にも払わねばならない。
その上、普通は店にも連れ出し料を払うことになるので、
ショート(タイ語では”チュワクラウ”と言う。これも発音が難しい)
でも結局はトータル3000バーツ程度の出費になってしまう。


HTさんは少しでも節約して、
駐在期間満了後に日本に帰ったらデジカメを買うつもりなので
なるべく安く済ませようという魂胆なのだ。

だから飲みたい時は以前教えてあげたタイ人向け大衆食堂か、
せいぜいソイカウボーイに行く程度だ。

ギヤンな時には基本的には1000バーツの風呂屋へ行く。


と、前置きが長くなったが、
HTさんはそういうワケで、めったにスクムビットにも行かない。
何かと外人プライスで高いからだ。


が、昨夜は6月いっぱいで帰国する若手の送別会なので
2次会で久しぶりにナナプラザへ行った。

逮捕されたのはナナから3次会場のテーメーへ歩いていた時だ。

ナナからテーメーへ行く途中に
けっこう何でもありのエデンという店があり、
HTさん

「ちょっとその店を覗いてみたいんだけど・・・」

と言うのでソイに入った時だ。


HTさんがタバコを吸い終わって、
きちんと(?)溝に吸殻を捨てたのだが、
警察官が後をつけて来て、HTさんの肩をトントンと叩いた。

「ウン?」

とHTさんが振り向くと、警察官が立っているので
HTさんは幽霊を見たかのごとく、
腰を抜かすほどビックリした。


そして
ポリスマンは ニュッ と手のヒラを上向けて差し出して、

「ツー・サウザンド・バーツ!!」

HTさん「エーッ!!ちゃんと溝の中に捨てたじゃん!!」

ポリス 「ノー!ツー・サウザンド・バーツ!!」

HTさん「エー・・・100バーツに負けてよ・・・」

ポリス 「ノー!ツー・サウザンド・バーツ!!」

HTさん「岡村!何とか言ってやってくれよ・・・」

ポリス 「ノー!ツー・サウザンド・バーツ!!」


あきらめたHTさん

「わかった!払うから、領収書くれよ!!」

と言ったので、ポリスマンは 「チッ」 と舌打ちしながらも
仕方なく交番にHTさんを連れて行き、
2000バーツと引き換えに領収書をHTさんに渡した。


このポリスマンは2000バーツをナイナイしようとしていたのだろう。
だから2000バーツが自分の財布ではなく、
警察という名のバンコク市のフトコロに入ることになってしまい
くやしそうにしていた。


俺がHTさんの後ろで、
携帯電話でタイ人の女とタイ語で話していて、
逮捕された状況を実況中継していたので
このポリスマン

(あまりムチャやるとヤバイかな・・・)

と思ったんだろう、
わりと素直に交番で領収書を切ることに納得したようだった。
(普通は交番で2000バーツを受け取ることを断るものだ)


またHTさんの方も、俺が
「領収書を持ってれば、同じ罪では3日間捕まらない」
(ただし俺が言ったのは売温泉の場合についてなのだが・・・)

というネタを話していたので
領収書をもらっておくべきだ、と思ったようだった。


そしてその直後、

「クソー!!こうなったら、ガンガンタバコを吸いまくって、
 ガンガン道端に捨ててやる〜!!
 俺は領収書を持ってるから、もう捕まらねえんだからな!!」



と叫んで、宣言したとおりにテーメーに着くまで
タバコの吸殻を捨てまくったが、
当然と言おうか、警察官には一人も遭遇しなかった。
【2006.06.27 Tuesday 22:26】 | タイの警察 | comments(0) |
タイの警察は・・・
タイの警察で思い出したことがある。

昔、台北ホテルに住んでいたとき、
ちょくちょく相手していた女がプンプン怒りながら歩いて来た。
1階のロビーの長椅子に座ってビール飲んでいた俺の横に来て、

「あの警察官のヤロー!!殺してやろうか・・・」

と、物騒な事を言うのでワケを聞いてみた。


その女が言うには、
台北ホテル周辺で一斉に警察の手入れがあった。

見たことがある人も多いだろうが、
温泉婦たちは逮捕されると、まとめて全員、
ピックアップトラックの荷台に乗せられて警察署へ連行される。

あまりに大人数だと見逃してもらえることもあるが、
基本的にはさらにもう1台、ピックアップが来て、
全員逮捕→連行される。

で、警察署で調書を取られて、
罰金の納付書もその場で作成されるのだが、
罰金を払うと、領収書がもらえる。

そして、その領収書を持っていると、
罰金を払った日を含めて3日間は
再逮捕されない、という特典があるのだ。

だから、
その女が罰金を払って、警察官から領収書を受け取る時、
その担当警察官

「どうだ、罰金払うの、つらいかい?!
 そーか、そーだろうな、つらいよな〜・・・。
 じゃ・・・
 ホイ、この領収書持って、早く働きに行ってこい!!」


と、励ましてくれた(?)、と言うのだ。


その女

「クソー、あのヤロー・・・
 同情するくらいなら、最初っから逮捕するな、っつうの!!」


と、領収書を丸めて投げ捨てた・・・。
【2006.06.25 Sunday 23:25】 | タイの警察 | comments(2) |
サッカー賭博
最近サッカー・ワールドカップのせいで、
バンコクでは、サッカー賭博で皆エキサイトしている。

タイ人は大のサッカー好きだ。

野球を知らないタイ人は多いが、
サッカーはムエタイ(キックボクシング)に次ぐ、
タイの国技と言ってもよいほどに盛んだ。


会社でも、昼休みや夕方の休憩時間になると
多少の雨が降っていても、
ワーカーがグラウンドに集まってサッカーをやる。

仕事はダラダラと手抜きするクセに、
サッカーになると目の色変えて熱中するのは、
小学校卒でも大卒でも同じだ。


ちなみにタイでは、
サッカーの試合をテレビで見ることができる飲食店には、
警察が、ある種のペナルティを徴収しに来るという。

要するに、賭博開帳容疑がかけられ、
みかじめ料を払え、と言って来るらしい。

(警察に確認したわけではないので、
 食い物屋をやろうと思っている人は
 既に開業している先輩諸兄に確認して下さい。
 俺はタイ人用大衆食堂の経営者から聞きました。)



とにかくインネン付けて金を取ろうとするんだよね、
タイの警察は・・・
【2006.06.23 Friday 23:52】 | タイの警察 | comments(0) |
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
<<お気に入り〜っ>>

アジアン王

Gダイアリー


この本と
俺の公式サイトで
タイ情報は完璧?

アクセス解析
LINKS
RECOMMEND
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ)
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ) (JUGEMレビュー »)
加川 博之

旅行タイ語のベストセラー最新版
初心者向けっぽい装丁だが、
発音表記などに工夫が見られる。


バカにできない内容で、
読み応えアリ。
タイ旅行バンコク旅行には必携!
RECOMMEND
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276)
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276) (JUGEMレビュー »)
邱 永漢
タイでセミリタイヤ・ロングステイ・沈没生活するメリットが分かるよ
RECOMMEND
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ!
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ! (JUGEMレビュー »)
クーロン黒沢, エポック伊藤, 皿井 タレー


タイのディープな世界をおもしろおかしく綴った名作!
RECOMMEND
男と女のタイ語会話術
男と女のタイ語会話術 (JUGEMレビュー »)
ポンパン・レプナグ, Phongphan Lebnag

タイ語は発音がムズカシ〜イ!
でも、彼女にこの本を見せればバッチリ、ラブラブ!!
モテる男の必須アイテム
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH
PAGETOP  
 
since090929jptime3:00
ブログパーツUL5