バンコク駐在員日記

駐在員を辞めてからは
沈没時代に逆戻り、
株式投資と先物取引で生活しています
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.02.19 Sunday 】 | - | - |
ホテル客室内のセーフティボックスは危険
JUGEMテーマ:旅行


2004年初夏の事。

某財閥系の一部上場企業から
俺が働いていた会社のタイ現地法人に
40歳すぎの人が派遣されて来た。

昔からよくある、大企業でいらなくなった窓際族を
組織の体をなしていない新興企業に出向させるというヤツだ。


その人(Mさん)は、
品質管理ができる人という事だったが、
ウチの会社はとにかく杜撰なので・・・

生産管理のプロだと勘違いしたのか、
それとも、
品質管理できるなら生産管理もできると思ったのか
Mさんが初出社した日に”生産管理”をお願いした。

だから、会社がそのお願いをした時、
Mさんは「エッ??」と困惑していた。


さて、
生産管理をするには、
全工程を把握しなければならない。

しかし、ウチの会社はとにかく杜撰なので、
デタラメな会社によくある
「他人に仕事を振りまくる」丸投げ方式だった。


だから、「生産管理をお願いします」と一回言えば
それ以降は言われた人の責任になる。

そして経過をチェックせず、ずっと後になって
問題が発生してから怒ったり責任追及したりする。


でも、それって言い換えれば ”放任主義”だから、
責任感のない暢気な人には却って居心地がいい。

仕事しなくても、
見ているフリだけしてれば当面は楽だからだ。


そんなワケだから、
いつまで経ってもMさんは仕事ができない。

業を煮やした会社側も、
財閥系企業出身者=デキる人 という先入観があり、
仕事ができないのはヤル気が起きてないからだと考え、
もっと待遇をよくしてヤル気を出してもらおうとした。


そこでまず、
会社はMさんの要望をきいてみた。


Mさんは毎日定時に帰ってノンビリしている身。
俺たちは、早くても21時にやっと帰れる奴隷。

同じサービスアパートに住んでいては、
Mさんは羽根を伸ばして女遊びしにくい。
さすがに気兼ねするかららしい。
もちろん、「女遊びしにくい」は言わないけど、言わなくても分かる。


で、Mさんの希望に沿って、
アソーク×某大通りの交差点近くにある
中級レベルのホテルに住んでもらうことにした。

その場所は、
Mさんお気に入りのカラオケ嬢のアパートに近いからだった。

で、ますますMさんは女にのめりこんでいく。
そして、会社の思惑とは逆にだんだん横柄になっていった。



さて、思い切り遊べる環境でMさんは機嫌が良く、
小さな事にはマイペンライ&サバイサバイ状態だったが、
ある日、愕然とする事になった。

Mさんはタイに銀行口座を持っていないので、給料は現金払い。
常に現金をホテルの部屋の金庫に入れていた。

その金庫に入れていた金が少しづつ減っている事に気付いた。


額は正確には覚えてないけど、気付いた時には30万円くらい
つまり、約10万バーツ減ってたんじゃなかったかな〜?


で、犯人はホテルのメイド。
部屋掃除の際に、金庫を勝手に開けて盗んでいた。

最初はバレないように、毎日1000バーツ札を数枚づつ、
Mさんの部屋の金庫から抜いていたのだった。
犯罪を犯す奴というのはだんだん大胆になっていくから
  最初は1枚づつでも、慣れるとゴッソリ抜くようになるんだね。



重大抗議により、ホテル側からは謝罪があったが、
お金は返ってこなかったと記憶している。


この事例からも分かるように、
ホテルの客室内セーフティボックスは危険なのだ。

レセプションに訊けば、暗証番号を教えてくれるホテルは多い。

フロントの人間が暗証番号を知っているのだから、
メンテナンスやメイドが知っていても不思議はない。

また、この事例もそうだったのだが、
デフォルトの暗証番号は全室同じというケースも多いから、
面倒でも各自で暗証番号を設定しなおさないと危険だ。

メイドが客室の金庫からゴッソリ盗んで雲隠れ、
な〜んて事件は、
表沙汰にならないだけで無数に発生しているはずである。
【2009.08.22 Saturday 03:58】 | タイのホテル | comments(0) |
タイで自殺の理由
ヒマなのでアクセス解析していると、
「タイ 幽霊 ホテル」
で検索してこのブログに辿り着いた人が多い事が判明した。

そこで今回は「幽霊ホテル」に近い内容の話をしよう。


タイっていう国はけっこう自殺が多い。
正確な数字は覚えてないけど、
年間自殺者数は人口比でいうと日本よりかなり多かったという記憶がある。


2ヶ月くらい前、
日本人が多いアパート:ラチャプラロップマンションでも自殺があった
(確かラチャプラだったと思う・・・)。

あれはベルギー人男性だったと思うが、
自殺の原因はもちろん女関係だ。


タイで自殺する外国人の場合、
自殺の理由・原因はダントツで女。

次は薬のせいで頭がおかしくなった
、というもの。


2年前の話だが、
テーメーの近くのマンハッタンホテルでも
日本人が自殺した。

これも原因は女がらみで、クスリもやっていたそうだ。
(マンハッタンホテルに宿泊している貴方!!
 壁に掛けられた絵があれば、額縁をひっくり返して見よう!
 もしそこに御札が貼ってあれば、その部屋が自殺現場です!)



テレビを見ていても、
タイ人が自殺する現場を映した衝撃映像が
毎日と言っていいくらい流れる。


タイ人の自殺理由

・貧乏すぎてもう生きていけない(借金地獄)
・男女関係のもつれ
・薬物で錯乱

がほとんどだ。


借金地獄と言えば、
タイでも悪徳金融業者はかなり多い。

あちこちで電柱や立て看板や高架橋の柱などに、
「急ぎのお金」 (緊急融資するよ!!というニュアンス。)
と張り紙してあるのを見ることができる。

広告に書かれている文字はデフォルメされているので、
タイ文字初心者にはわかりにくいと思うが、



「 เงินด่วน
 (グン・ドゥワン) 」



と書いてあり、
その下に携帯電話の番号が書いてあるのがそれだ。

支払いが迫っていて、切羽詰っているやつらが多いという事だね。


世界中、どこへ行っても借金苦で自殺する人は多いんだね。

皆さんも、ご利用は計画的にね!!


幽霊とは全然、関係なかったね・・・
【2006.06.22 Thursday 23:57】 | タイのホテル | comments(0) |
お化けの出るホテル〜続編
前話の続き

友人O君を、このクリスタルホテルに1泊させたことがある。
会社の同僚であるO君が、
タイ出張にあわせて個人的なベトナム旅行の計画を立てた時だ。

出張計画では
日本に帰国することになっている夜に、バンコクのホテルに泊まり、
翌朝ベトナムのハノイに行くことにしたので、
この最後の夜のバンコク宿泊費はもちろん自腹となる。


そこでが、なんとか安いホテルを探して欲しい、と言うので、
その幽霊ホテルを教えてやったら喜んで行く、と言う。
でも、場所がわからないと言うので、恐いけど奴を連れて行った。

(メンドクサイな〜、も〜・・・)


は、宿泊費(540バーツ)とモーテルのような造りに満足して
即、泊まることに決めた。

たぶん、ベトナムへ行くと置屋を探すのが大変なので、
事前にタイで抜いておこうと思ったんだろう。

そのためには、
女の調達が簡単なこの幽霊ホテルは都合がいいというわけだ。


で、結局は、飲み物が無料で3本付いて、
部屋のグレードもやや高いデラックスルーム(690バーツ)
に泊まることになったので、
ようやく俺は自分のサービスアパートに戻ることができた。
くわばらくわばら・・・。


さ〜て、
後は、奴が慌てて俺に電話してくるのを待つだけだ、イッヒッヒ・・・。
(もちろん、「幽霊 おばけ が出た〜!!助けて〜!!」という電話だ)。


ところが、結局その夜は何もなかったらしく、
1週間後ベトナムからは帰ってきた。

俺の部屋に荷物を預けて行ってたので、
いったんバンコクに戻る必要があったのだ。


元気そうだが、しかし、げっそり痩せて帰ってきたので、
幽霊に憑かれている、とも見れないことはなかった。


そう言えば、最近、音信不通になってるな〜。
何度かメールは送ったんだけど・・・。
もしかして、とり憑かれて死んだかな・・・。

もし、死んでたら、ゴメンね、O君!!
俺が幽霊のこと、黙ってたばっかりに・・・。

【2006.04.05 Wednesday 02:24】 | タイのホテル | comments(0) |
幽霊がでるホテル
前回のネタの、ラチャダーソイ7(ソイナトン)で思い出したが、

このソイナトンに入ると右側にコロンゼ2という風呂屋がある。

このコロンゼ2と同じ敷地内にあるラブホテルでは
オバケ おばけ が出るのだ!!

クリスタルホテルという名のホテルで、
作りはタイのラブホそのままだ。

日本のモーテルと同じと思えばいい。


昔、このホテルで殺人事件があり、
ピストルで撃ち殺された男の幽霊が出るという。

俺は幽霊を見たことはないのだが、
テメに毎日出勤するオネエチャン2人から聞いた。


オネエチャンの一人は、仕事でこのホテルを使った時に見た、
と言い、
もう一人のオネエチャンは、このホテルに住んでいる(!)ので、
このお化けにはよく会う、と言っていた。

「でも、私たちには何も悪さしないから、マイペンライよ!」

と言ってたけど、恐くないのかね〜??


ちなみにこの幽霊ホテルの住人のオネエチャンはスタイルがよくて、
ファランが好きそうな顔の娘だ。

昔のベトナム映画に出てきそうなエスニックな顔立ちと言うか・・・。

子供を産んでいるワリに、また、よくファランと行くワリに、
あそこはそんなには大きくない。

俺のモノがデカいせいもあるけどね・・・エヘヘ・・・。
【2006.04.03 Monday 21:46】 | タイのホテル | comments(0) |
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
<<お気に入り〜っ>>

アジアン王

Gダイアリー


この本と
俺の公式サイトで
タイ情報は完璧?

アクセス解析
LINKS
RECOMMEND
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ)
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ) (JUGEMレビュー »)
加川 博之

旅行タイ語のベストセラー最新版
初心者向けっぽい装丁だが、
発音表記などに工夫が見られる。


バカにできない内容で、
読み応えアリ。
タイ旅行バンコク旅行には必携!
RECOMMEND
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276)
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276) (JUGEMレビュー »)
邱 永漢
タイでセミリタイヤ・ロングステイ・沈没生活するメリットが分かるよ
RECOMMEND
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ!
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ! (JUGEMレビュー »)
クーロン黒沢, エポック伊藤, 皿井 タレー


タイのディープな世界をおもしろおかしく綴った名作!
RECOMMEND
男と女のタイ語会話術
男と女のタイ語会話術 (JUGEMレビュー »)
ポンパン・レプナグ, Phongphan Lebnag

タイ語は発音がムズカシ〜イ!
でも、彼女にこの本を見せればバッチリ、ラブラブ!!
モテる男の必須アイテム
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH
PAGETOP  
 
since090929jptime3:00
ブログパーツUL5