バンコク駐在員日記

駐在員を辞めてからは
沈没時代に逆戻り、
株式投資と先物取引で生活しています
<< ワシが観光しない理由はのう・・・ | main | ヒワイな棒 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.02.19 Sunday 】 | - | - |
長老Kさん その後
というわけで・・・

「沈没組=クズ」という思考回路を持ち、
”私は世界で一番正しい”と勘違いしている
立派で高尚で正直な日本人女性を一蹴したKさんだった。



そんな豪傑Kさんでも、
1995年にジュライホテルが閉鎖されてしまっては
バンコクを出て行かざるをえなかった。


当時、もういい年だったKさんだったが、
平均して毎日3回のペースで抜いていた。

そんなKさんが東南アジアから出て行くワケがない。
流れ流れて、カンボジアのプノンペンに辿り着いた。


ジュライホテルが閉鎖された直後、
ジュライと楽宮旅社の住人は4手に分かれた。

1.台北旅社へ引越(すぐ近くだからね)
2.パタヤへ移動(これが最も多数派だったかな)
3.チェンマイ・チェンライ・メーサイなどへ
4.流れ流れてカンボジアのプノンペン



と、
散り散りに分かれたジュライ組だったが、
既に数年前にプノンペンへの先鞭をつけていたMさんに続き、
パタヤ組たちも徐々にPHNへ移動して行った。


PHNではもちろん、沈没日本人の多くは
キャピトルゲストハウスに集中した。



そんなある日、
キャピトルの1階にあるレストランで
バンコクに居たときと同様にウダウダと話していると、
フラッと若い日本人の男性バックパッカーがやってきた。


は毎日毎夜、
キャピトルレストランでウダウダ喋っている俺達を見て
不思議に思ったのだろう、


「あの〜・・・
 毎日ココでお話されてますけど・・・
 観光とか行かないんですか・・・?」



一同、ジロッとを見た。

そしてKさんが言った、


「ワシは観光なんぞ行った事もないし、
 これからも行く気もないぞ!!」


「え・・・それはなぜですか・・・?」

「いいか、若造・・・。
 アンコールワットは1年後も5年後も、
 たぶん10年後も、今と同じようにある事じゃろう・・・。
 しかし・・・・・・」


「しかし・・・?!(ゴクッ)」

「しかし・・・・・
 スワイパー63番街70番街の置屋は
 明日潰れるかもしれんじゃろ?」


「は、はい・・・」

「だからワシは、今日も明日も明後日も、
 女を買いに置屋へ行くんじゃよ、フォッフォッフォ」




そして俺達は


(Kさん、また同じ事言ってるよ・・・)

と爆笑し、


「ま〜、スワイパーがプノンペン最大の観光名所だからね」

と、まわりの皆がフォローしたが、
一方、気の弱そうな バックパッカー君 は


「ダメだこりゃ!!」

と、
どこかで見た誰かと同じようにずっこけていたよ・・・


【2007.01.06 Saturday 23:25】 | ジュライ組 | comments(7) |
スポンサーサイト
【2017.02.19 Sunday 23:25】 | - | - |
コメント
Kさんは素晴らしいです。
会ったことないけど、尊敬しちゃいます。
【2007/01/06 11:36 PM】 BangBang Cozy |
先日のネタですが、イヤイヤ僕はまだその当時はタイがどこにあるかも・・・
ちがいますよー!例の本(クーロン本)の中の連中たちです!!
その周りに混じってたんだー!とおもうと、もう感動です。
では、ちょっと早いですが・・・フーフー様、俺旅立ってきますねー!っていうかフーフー様のほうに行くって言ったほうが正解かな(^^)
イッテきまーす
【2007/01/07 12:18 AM】 アリュウ |
BangBang Cozy さん、こんばんわ!

このKさんはスゴイ人だったんですよ!
ヨボヨボじいさんみたいに書いてますけど、
実はかなり恐い人でした。
いろんな個性的な人がいましたけど、
このKさんが最強だったんじゃないでしょうか・・・。

アリュウさん、楽しんでますか?

イタリア系の報告を待ってますよ!
黒沢の本にも(たぶん)書いてない有名人をまた近いうちに書きますよ!
【2007/01/09 12:03 AM】 フーフー岡村 |
管理者の承認待ちコメントです。
【2007/02/19 11:08 PM】 - |
この名言は kさんだったんですか?
アフリカ千人切りのほうのkさんですよね
あの人は イスラム圏でも 尾根遺産の場所
かぎ分ける達人です。
【2010/07/25 7:49 PM】 U女史 |
U女史さん

あの名言は一日平均3回のKさんです。
あのKさんを凌駕するKさんが出現するとは、当時は想像できませんでしたね〜・・・
【2010/08/08 1:17 AM】 フーフー岡村 |
管理者の承認待ちコメントです。
【2011/05/25 10:25 PM】 - |
コメントする





 


CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
<<お気に入り〜っ>>

アジアン王

Gダイアリー


この本と
俺の公式サイトで
タイ情報は完璧?

アクセス解析
LINKS
RECOMMEND
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ)
旅の指さし会話帳〈1〉タイ (ここ以外のどこかへ) (JUGEMレビュー »)
加川 博之

旅行タイ語のベストセラー最新版
初心者向けっぽい装丁だが、
発音表記などに工夫が見られる。


バカにできない内容で、
読み応えアリ。
タイ旅行バンコク旅行には必携!
RECOMMEND
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276)
非居住者のすすめ (中公新書ラクレ 276) (JUGEMレビュー »)
邱 永漢
タイでセミリタイヤ・ロングステイ・沈没生活するメリットが分かるよ
RECOMMEND
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ!
さわやかタイ読本―国際奇人変人都市・バンコクへようこそ! (JUGEMレビュー »)
クーロン黒沢, エポック伊藤, 皿井 タレー


タイのディープな世界をおもしろおかしく綴った名作!
RECOMMEND
男と女のタイ語会話術
男と女のタイ語会話術 (JUGEMレビュー »)
ポンパン・レプナグ, Phongphan Lebnag

タイ語は発音がムズカシ〜イ!
でも、彼女にこの本を見せればバッチリ、ラブラブ!!
モテる男の必須アイテム
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH
PAGETOP  
 
since090929jptime3:00
ブログパーツUL5